WIN5攻略ブログ

競馬情報ネット

結果

2014年03月16日(日)のWIN5結果 今週もWIN5は一波乱有り!!13番人気フレデフォートの勝利でWIN5配当は1000万オーバー!!

阪神 10 R 播磨S
6 グレイスフルリープ 川田将雅 2 人気 450 円

中山 10 R 東風S
2 アビリティラヴ
シャイニープリンス” 後藤浩輝 3 人気 550 円

中京 11 R トリトンS
12 フレデフォート 中井裕二 13 人気 3460 円

阪神 11 R フィリーズレビュー(G2)
1 ベルカント 武豊 2 人気 560 円

中山 11 R 中山牝馬S(G3)
6 フーラブライド 酒井学 1 人気 450 円

WIN5配当 10,128,010円
発売票数 6,587,320票
発売金額 658,732,000円
的中票数 48票

ちょっと遅いですが、まずはWIN5の配当金の変更について。

JRAも払戻率変更へ WIN5は上限6億円に【サンスポ】
http://race.sanspo.com/keiba/news/20140303/etc14030313480008-n1.html

変更後の払戻率は、単勝と複勝が80.0%、枠連、馬連、ワイドは77.5%、馬単、3連複は75.0%、3連単は72.5%、WIN5は70.0%となる。

また、これに伴いWIN5の払戻金最高限度額は従来の100円に対して2億円から、6億円に引き上げられることになった。

三連単、馬連の控除率に対してもいいたい事はあるのですが、WIN5に限定しての感想をば。
TOTOBIGの最高額10億円をはじめ宝くじなども軒並み当選金額が上がっているので、自然な流れと言えば流れではあります。

しかしながら、スポーツ振興くじ(BIG)や宝くじと、5重勝単勝式勝馬投票法(WIN5)は似たように見えて制度的には全く別物なんですよね。

いわゆる「クジ」と分類されるBIGや宝くじは控除率が約55%程度ですが、当たった場合、その金額に課税される事はありません。
WIN5に関しては、控除率が70%と段違いですが5重勝単勝式勝馬投票法という名前がついている通り、馬券の一種となります。

仮に6億円当たった場合、昨今の馬券30億円問題になったことでも解る通り、課税対象となります。
控除率と高額馬券が当たった時の課税が二重課税となるのでは?というのが争点となり、一応上記の裁判では馬券購入者の勝訴という形とはなりましたが特例の扱いに留まった感もあります。

建前として「あっちはクジ」「こっちはギャンブル」という感覚でやっているとは言え
実際6億当たった場合、二重課税の問題点が残ったまま改正されるのもなんだかな…というのが率直な感想でしょうか。

という事で今週のWIN5。

キャリーオーバーがなくなり、売上はいつも通りの6億円半ば。
13番人気のフレデフォート。残りは人気の決着となりましたが1番人気の勝利は1つだけという事もあり今週も1000万円を越える高配当になりました。

ピックアップしておきたいのはフィリーズレビューのベルカントでしょうか。
強い競馬ではあったものの、最後の直線で最内を突いた武豊騎手の好騎乗など、枠順から何から何までうまくいったなぁという印象。

本番の1600Mどうかな。いった感じ。
桜花賞で人気になるようならほくそ笑んで切る事でしょう。とフラグを建てておきます。

ちなみに今週は3/21~3/23の金~日の三日間開催。ですが3つの競馬場を2開催ずつ3日間行なう変則開催となります。

21日(金)に
中山・中京
22日(土)に
阪神・中京
23日(日)に
阪神・中山

の日程となります。一昔前までシルバーウィークの時にこんな日程の開催毎年やってましたね。

ちなみに、WIN5の方は21日(金)と23日(日)に行われます。こちらもちょっとややこしいので要注意ということで。

PR競馬予想
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top